サイパンの前に台湾に行きました

サイパンに行く前に、友人ら数人とどこかへ旅行へ行こうという話が持ち上がり現在では手軽に行ける台湾へ行くことに決まりました。

某社の旅行プランでだいたい7?8万円前後のものに申し込み、3泊ほどの台湾旅行へ向かいました。ハローキティのデザインの描かれたチケットを片手に飛行機に搭乗すると、機内食はそう不味くないもので、台湾までの僅かな時間は007の映画を楽しめてよいフライトでした。

現地に着いてからホテルへ行く前に電車で少し近場を回ってみようという事になり、まずは台北101タワーへいってみました。
地下鉄の駅から階段を上がると、天井が開けるとともにタワーが天高く伸びていて、その日の曇った天気で雲の中へ消えていくタワーはほんとうに大きなものに見えました。

旅行シーズンでもなく午前中の微妙な時間もあってあまり人混みに困らされることもなく、友人らとの談笑を交えながら、よくある土産物コーナーや展望デッキを見て回りました。

上階のアクセサリーショップなどでは、有名な高価ブランドが多くあるのですが、少し安いからとまとめて買うと人の良い(商売上手な?)店員さんがけっこう安くまけてくれます。

その後は昼食に中華の店へ入り、小籠包やらなんとか麺やらを食べてみました。小籠包はまあ、期待の味だったのですが、その他の麺物やら飯物やらの味付けはあんまり日本人の下に合うようなものではありませんでした。

ホテルは台湾の中でも高級な部類に入るもので、ホテルの中央を吹き抜けが走り、部屋の戸を出ると下の階や色とりどりの提灯、中庭が見おろせるようになっており壮観なものがあります。朝食のバイキングもなかなか満足の行くものでした。

ホテルから見える町並みは神奈川や埼玉のような片田舎に割れたテールランプをガムテープで塞いだ車が行き来するような観覧ですが、商店街や熱心な商店はどことなく暖かみがあります。

小汚い路肩やほど多いスクーターの交通量にはとても驚かされますが、飾り気のないところが台湾の良さとも言える、といった感じです。
初めての土地でしたが、また行ってみたいといえる良さのある場所でした。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です